このページの本文へ移動
『池波正太郎の江戸東京を歩く』(常盤新平著 ベスト新書)......時代劇ファンならおなじみの『鬼平犯科帳』や『剣客商売』の舞台を、翻訳家の大先輩でもある常盤新平さんのエッセイで味わえる、一粒で二度おいしいことこのうえない新書です。そして、この本を読むと、東京の町がますます好きになります。同じベスト新書の『池波正太郎の東京・下町を歩く』とあわせてどうぞ。