このページの本文へ移動
このところ、仕事が忙しくてあまり読書に専念する時間が持てません。そんななか、読みだしたら止まらなかった1冊はこれ。『コレキヨの恋文』(三橋貴明著 小学館)。経済の入門書のような、歴史小説のような、ファンタジーのような、不思議な1冊です。