このページの本文へ移動

『ぼくらの祖国』(青山繁晴著 扶桑社)・・・福島の原発事故後、最初に構内に入った原子力安全保障専門家、青山氏の本です。吉田所長との会話など、臨場感迫るものがあります。麻生幾氏の『前へ!』(新潮社)を読んだときもそう感じましたが、やはり東電はもとより、事故後の対応として、官邸の罪は重いですね。『ぼくらの祖国』は原発事故の真相を知りたくて手に取った本でしたが、硫黄島やメタン・ハイドレートなどについて知らないことも多く書かれていて、たいへん勉強になりました。昨日は成人の日でしたが、新成人になられた若い人たちにも、是非、読んでもらいたい本です。