このページの本文へ移動
今日から7月です。えっ、まだ7月なの? と言いたくなるくらいの暑い日が続いていますが、仕事のほうは着々と。合間に読書も着々と。で、最近読んで面白かった本。『おじさん・おばさん論』(海野弘著 幻戯書房)・・・おじ・おばと甥・姪の関係を軸に、歴史、文学、映画などが語られます。振り返ってみると、子どものとき、おじ・おばから影響を受けたことって、けっこうあったかもしれないです。