このページの本文へ移動
ついに、『わたしの中の遠い夏』(新宿書房)の見本が刷り上がってきました。堂々たる存在感。桂川潤さんの手による、モノクロの装丁が大人の雰囲気をかもしだしています。発売は13日だそうです。待ち遠しいなあ。