このページの本文へ移動
震災直後は集中して本を読もうという気にもなれませんでしたが、ようやく仕事も一段落したので、久々に、最近読んで面白かった本を紹介します。「明治の外 交力 陸奥宗光の『蹇蹇録』に学ぶ」(岡崎久彦・著 海竜社)・・・陸奥宗光について、不平等条約の改正を成し遂げた人だと小学校で習ったとき、子ども心 に、なんて偉い人なんだろうと感動した記憶があります。政治家としての先見性、決断力、胆力、冷静さ、国を想う心の深さに、改めて感服。しかも、文章がみ ごとなのです。こういうご時世なので、まさに「いでよ、平成の陸奥宗光!」という気持ちになります。