このページの本文へ移動
昨日は、上智大学外国語学部で、谷口由美子先生の「翻訳論」のゲストスピーカーを務めてきました。1時間半の授業のうち、前半は私がどうしてスウェーデン 語の翻訳を始めたか、後半は『長くつ下のピッピ』を題材にして新訳のこぼれ話など披露しました。授業のあと、ノルウェーに留学されていた方とドイツで暮ら された経験のある方、お二人の学生さんと短い時間でしたがお話しできて、とても楽しかったです。私も、気持ちはまだまだ20代です! 「気持ちは」ね。