このページの本文へ移動
最近読んで面白かった本、もう1冊。『ヴァレンタインズ』(オラフ・オラフソン著 岩本正恵・訳 白水社)・・・アイスランド出身でアメリカ在住の作家が英語で書いた短編集です。男女のすれ違い、破局への序曲が描かれます。ハッピーエンドではないの に、何故か暗い気持ちにはならない、不思議な読後感の本でした。